リノベーションの陽彩コーポレーション リノベーションの陽彩コーポレーション

HOME > リノベーションについて > 楽しい空間を創造する

キャッチ

楽しい空間を創造する

リノベーションしても使い勝手が悪かったら、暮らしにくい

リノベーションイメージ最近、「LOHAS(ロハス)」という言葉をよく耳にするようになりました。Lifestyles Of Health And Sustainabilityの頭文字と取ったものです。

Sustainability(サステナビリティ)は「持続可能性」という意味ですから、直訳すると、「健康と維持可能性を重視したライフスタイル」ということになります。

わかりやすい言葉でいうと、健康や環境問題に配慮した生活を無理なく続けるという意味です。

もともとは90年代後半、アメリカに登場した新しい考え方のライフスタイルで、スローライフやエコライフに続く考え方として、日本にも紹介され、瞬く間に広まりました。

重要なのは「サステナビリティ」、つまり持続させるということです。せっかく健康で環境に優しい生活を心がけても、三日坊主で終わったら、意味がありません。

自分ができる範囲の中で続ければいいのです。家も同じです。せっかく素敵な居住空間を実現させても、使い勝手が悪かったら、暮らしにくい。

掃除がしやすいとか、収納スペースがたっぷりあるとか、スムーズに動けるといった機能性も暮らしやすさの条件です。

さらにもう一つ、重要なことは家にいることが楽しいと感じられる空間であることだと、私たちは思っています。

楽しいと感じられる空間とは

リノベーションについて単に機能的なだけでは物足りない。前述のように川やミニゴルフ場がある空間。そんな、どこかに遊び心がある家は、その空間にいると心がウキウキとしてきます。

たとえば、玄関。靴をたくさん収納できるスペースがあるというのも大切ですが、ちょっとおしゃれなベンチがあったら、素敵だと思いませんか。

そこに腰をかけてもいいし、お花を飾ったり、趣味でつくったものをちょっと置いてみる。それだけで、玄関のスペースが楽しくなることでしょう。

疲れて帰ってきたとき、あるいは外でイヤなことがあって心が沈んでいるとき、そんな遊び心のある玄関に足を一歩踏み入れただけで、疲れも沈んだ気持ちも一瞬にして癒されます。

狭い空間よりは、広々とした開放的な空間、実際にはそんなに広くなくても広く見えるような空間を造り出すこともできます。そんな空間にいると、仕事や人間関係で疲れた心が癒されることでしょう。

快適な空間は、心身を健康に保つ重要な要素です。しかもどこかに遊び心があり、その空間にいると元気を取り戻す。それが、最も暮らしやすい家ではないかと思います。

そうした暮らしやすい家に住んでいると、友達を呼んでホームパーティをしたくなりませんか? みんなにも心地よさを感じて欲しい。そう思える家が、あなたにとってオンリーワンの家、ということになるのではないかと思います。

生活を楽しむ

リノベーションについて最近、日本でも法律が改正されハッピーマンデーのように連休が増えました。ゆったりと生活を楽しむ時間が増えたのです。日本でもようやく、前述のLOHASを実践できるゆとりが持てるようになったといえるのではないでしょうか。

環境に優しく、住む人の健康にも配慮した生活を楽しむための家。機能的であるけど、どこかに遊び心がある家。

私たち、陽彩コーポレーションはリノベーションを通して、そんな住む人が喜ぶ住空間をお客様と一緒につくっていきたいと考えています